小林正観さん

小林正観さんの本の名言。随喜功徳。人の幸せを一緒に喜んでいるとどんないいことが起こっていくのか?

小林正観さんが語るお釈迦様の言葉で「随喜功徳(ずいきくどく)」という言葉があります。

私はこの言葉が大好きだし、とっても大切にしている言葉のひとつでもあります。

人の幸せを喜ぶだけで、自分自身が徳を積めてします。

そんな単純でシンプルな言葉なのですが、実は奥がものすごく深い言葉・・・

随喜功徳について、小林正観さんの考え方から自分の人生を考察してみましょう!

小林正観さんとはどんな人?正観さんプロフィール

そもそも、小林正観さんのことをまだご存知でない人もいるかもしれません。

正観さんのプロフィールを簡単にご紹介させていただきます。

1948年東京深川生まれ。
心学研究家。コンセプター。作詞家&歌手。
デザイナー(SKPブランドオーナー)。
潜在能力研究家でもあり、学生時代より人間の潜在能力やESP現象・超常現象に興味を持ち、旅行作家のかたわら研究を続ける。
旅の宿では頼まれ事で、宿泊客の「人相手相」をみて人生相談を受けることもあり、正観さんが来るという情報が流れるとたくさんの人が集まり行列ができた。
そうしているうちに友人、知人からの講演依頼が増え、年に300回以上、講演の予約は2年先まで一杯になり、全国各地を回る生活を続けていくことになった。
人に「うれしい・たのしい・しあわせ」と喜ばれる存在になろうと唱え(宗教者ではない)、正観さん自身も日々実践をしていた。
コンセプター(基本概念提案者)としても 「ものづくり」・「人づくり」・「宿づくり」・「町づくり」 などに関わっていた。
2011年10月12日永眠

株式会社SKPのホームページより引用させていただきました。

私は小林正観さんの生前に何度も講演会に参加させていただき、色々と人生について質問させていただきました。心のお師匠様です。


いつも優しくどんな質問にも答えていただき、心から感謝しています!

小林正観さんの考え方をたくさんの人にお伝えして、豊かな人をひとりでも多くすることが恩返しのひとつだと思っています。

小林正観さんの本の名言。随喜功徳。

【「徳」を積む方法とは、相手のラッキーを一緒に喜んであげること】

 

人から「こんなラッキーなことがあったよ」という話を聞いたときに、聞いた側の人間には「2つの反応」があります。

ひとつは、嫉妬したり、妬んだりすること。

うひとつは「よかったね」と一緒になって喜び、祝福してあげられること。

 

お釈迦様は

 

「随喜功徳(ずいきくどく)」

 

という教えを残しています。

 

「随喜」とは、「心の底から喜ぶ」「心の底から嬉しいと思う」こと。

「功徳」とは、徳を積むこと(善行を重ねること)です。

 

つまり、「随喜功徳」とは、

 

人の喜びや幸せを一緒に喜んであげるだけで、自分が徳を積むことになる

 

という意味です。

 

ということは、「今日は、こんな楽しいことあった」という話を聞いたら、ただひたすら「よかったね」と言っているだけで、「徳」を積み重ねていけるわけです。

 

さらに、他人の幸せを「我がことのように喜ぶ」ようにすると、嫉妬心を克服することもできます。

 

「小林正観と行く国内ツアー・海外ツアー」というものを、年に何回か行っておりました。

その参加者は、すでに私の講演会を聞いたり、本を読んだりしてくださっている方々だけなので、旅行中、「不平不満・グチ・泣き言・悪口・文句」を言う人が、ひとりもいません。

 

旅行の間は、「こんな素敵な景色を見た」「こんな面白いことがあった」という楽しい会話ばかり。

日常の中に喜びを見つける訓練をしている「よき仲間たち」です。

 

いつも、ほとんど、行き当たりばったりの旅行なので、ときには思い通りにならないことや、予定外のことも起きます。

しかし、誰も文句を言わないし、むしろ「予定通りにいかなかったおかげで、かえって面白い体験ができた」と肯定的にとらえています。

添乗員さんに対して威張りたがる人や、自分勝手な行動をする人、飛行機の時間が遅れると苦情を言う人も、ひとりもいません。

 

「よき仲間」との旅行は「よかったね」と喜び合うことの連続です。

すると、それだけで「徳」を積んでいるわけですから、こんなに、素晴らしいことはありません。

そう考えると、「よい旅」とは、どこへ行くかではなく、「誰と行くか」によって決まることがわかります。

 

「よき仲間」に囲まれていれば、どこへ行っても楽しいし、また同時に「特別にどこかへ行かなくても楽しい」のです。

どこかへ行くから楽しい、のではなくて「どんなところでも楽しい」のです。

 

「人生」も旅と一緒ですから、これは「旅」を「人生」に置き換えても、まったく同じことがいえます。

「喜び合える人間関係(よき仲間)に囲まれて人生を歩んでいける」ならば、淡々と過ぎる普通の日常であっても、充分に幸せを感じられるのではないでしょうか?

 

出典元:ありがとうの奇跡(ダイヤモンド社・2016年)/ 小林正観 著/ P.52~P.55を引用





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3000人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。


→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー