小林正観さん

正義感を振りかざす人に会いました。小林正観さんの本の名言を紐解きながら、正義感を振りかざす人について考えてみた!

自分の正義感を振りかざす人と接すると疲れますね~。

自分の正義を「これでもかっ!」と押し付けてくる・・・

そんな人があなたの身の回りに一人くらいいませんか?

今日、知人の紹介である人とお会いしてきたのですが、その方は自分の正義感・価値観を強く持っているのはいいけれども、、、

自分は正しいけれど、相手は間違っている

というような考え方の人だったので、とっても疲れたし、早く帰りたかった(笑)

自分の「正義感」を振りかざすのが半端なかった!!!

「これって良くないよなぁ」と感じたので、自分に言い聞かせるために備忘録的な要素を込めて、小林正観さんのメッセージと共に残しておきたいと思います。

小林正観さんとはどんな人?正観さんプロフィール

私は小林正観さんを心の底から尊敬している人間の一人です。

ですがそもそも、小林正観さんのことをご存知でない人もいるかもしれません。

正観さんのプロフィールを簡単にご紹介させていただきますね。

1948年東京深川生まれ。
心学研究家。コンセプター。作詞家&歌手。
デザイナー(SKPブランドオーナー)。
潜在能力研究家でもあり、学生時代より人間の潜在能力やESP現象・超常現象に興味を持ち、旅行作家のかたわら研究を続ける。
旅の宿では頼まれ事で、宿泊客の「人相手相」をみて人生相談を受けることもあり、正観さんが来るという情報が流れるとたくさんの人が集まり行列ができた。
そうしているうちに友人、知人からの講演依頼が増え、年に300回以上、講演の予約は2年先まで一杯になり、全国各地を回る生活を続けていくことになった。
人に「うれしい・たのしい・しあわせ」と喜ばれる存在になろうと唱え(宗教者ではない)、正観さん自身も日々実践をしていた。
コンセプター(基本概念提案者)としても 「ものづくり」・「人づくり」・「宿づくり」・「町づくり」 などに関わっていた。
2011年10月12日永眠

株式会社SKPのホームページより引用させていただきました。

私は小林正観さんの生前に何度も講演会に参加させていただき、色々と人生について質問させていただきました。心のお師匠様です。


いつも優しくどんな質問にも答えていただき、心から感謝しています!

小林正観さん「正義感を振りかざす人って何なんですか?」

 

【誰が正否を決めるのか】

朝9時に始まる会社があります。

ある従業員が30分遅れて9時半になってやって来たとする。

皆さんが社長だったら怒るでしょうか。

 

実はその社員は、前夜に自分の親が突然倒れて、救急車で病院に運ばれた。

それに付き添って入院させ、朝に帰ってきて、夫や子どもに食事やお弁当を作った。

そして自分は全然寝ていない状態で、息を切らせながらやっと会社に出られたのが9時半だったのかもしれません。

 

そうしてみると、遅れてきたことがいけないということは決められないのではないでしょうか。

いけないとか間違っているということを誰が決めるのでしょうか。

 

宇宙にはそういう基準がありません。

「私」が決めているだけです。

「私」が人に迷惑をかけてはいけないと思うのだったら、

「私」の基準でそれをやっていってもいいけれど、その同じ基準を人に押し付けないほうがよいと思います。

 

これが正しいことではないですか、と、その正義感を振り回して、周りを傷つけてしまうことがあります。

でも、「私」がどう生きるかは別。

「私」はどんなことがあっても、9時始まりに遅れないようにしようと思うのは構わない。

でも、9時半に来た人をいきなり怒ったりするということは、宇宙的に支持されることではないかもしれません。

 

もし事情を聞いてから、怒るか怒らないかを決めるのだったら、、、

ではその人が事情を話さなかったらどうするのでしょう。

私たちには相手の事情や悲しみなど、いろいろなことが分かってはいません。

ですから、正しいか正しくないかを基準に怒るのはやめよう、と思うのです。

 

私たちは神ではないので、自分の思ったことが正しいか、正しくないか、とは決められない。

では、何を基準にして生きればよいのでしょうか。

自分が正しい、正しくないと思うこと自体は、変えなくてもよいから、それは自分だけの生き方に当てはめる。

そして、他の人にその物差しを当てはめないことでしょう。

 

自分が正しいと思うのだったなら、どんなことをしても「私」は人を傷つけないぞ、どんな状況であっても「私」は人を殺さないぞ、と決めるのはよい。

でも、その価値観や物差しを、人に対して一般論や常識として「こうあるべきだ」と、まるで自分の言葉、自分の考えを正しい物差しのように言って、相手を裁いたり計ったりするのは、やめたほうがいいように思えます。

 

「私」がどう生きるかだけ。

「私」が正しいと思う、その信念はあくまでも自分を律するという意味で実践していってはどうでしょう。

 

出典元:「人生を楽しむ」ための30法則(講談社・2008年)/ 小林正観 著/ P.21~P.23を引用

正義感を振りかざす人と過ごせたおかげで記事が残せました!

自分にとって不快な出来事があったことによって、こうやって記事を残すことが出来て良かったです!

もしかするとこの記事が、正義感を振りかざす人との人間関係で疲れてしまっている人の参考になるかもしれないですから。

今日は質問されるから、私の考え方や価値観をお伝えしたのに、

「masaさん。それは違いますよ!勉強不足ですよ!!」

そんなことを度々、指摘してくるんです(笑)

そして、自分の「正しい」正義感・価値観を振りかざしてくる。

そんなことが終始続くもんだから、途中で「帰りたいなぁ」と何百回思ったことか。。。

「もう二度と会うことはないなぁ~」なんて思いながら苦痛の90分を過ごしてきました(笑)

日頃、メンタルの仕事をしている私ですが、もちろんまだまだ発展途上なので、こんな日もあるんですよ!

だから、皆さん安心してくださいね(笑)

小林正観さんの本からの名言を受けて

自分の正義感や価値観を「正しい物差し」だと思っている人は、、、

ハッキリ言って、、、間違っていますよね。

そこは小林正観さんもバッサリと答えていました。

みんなそれぞれ、様々な正義感や価値観や考え方で生活をしています。

それぞれ個性が様々だから世の中は成り立っているし、面白いのです!

自分は正しいし、もちろん相手も正しい。

だから正義感・価値観を否定したり押し付けたりするのは違うよね。

そんな考え方の人が周りで溢れていけば、とっても幸せです。

そうなっていくためには・・・

まずは自分が、正義感を振りかざす生き方をやめる!

相手の正義感・価値観や考え方に対して

「その考え方は私とは全く違うけど、とっても素晴らしいですね!参考にさせてください!」

というのが、個人的に素晴らしいと思います。

そういう人は周りの人から好かれますしね!!

全ては自分の想いから始まります。

嫌な感情になってしまったけど、この記事を書くことで自分自身、気持ちがスッキリと整理されました。

お読みになっていただきまして本当にありがとうございます。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3000人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。


→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー