カウンセリング

それでもあなたは自分の家庭環境や才能のせいにしますか?ある双子の物語!

私は今まで様々な自分を磨くためのセミナーに参加してきました。

いわゆる「自己啓発セミナー」です。

これまでたくさんのセミナーに参加してきましたが、やっぱり「当初」参加してきたセミナーの内容が印象に残っています。

自己啓発を学び始めたばかりだったので

そういうふうに考えればいいのかぁ!

と脳にとって新鮮だったのでしょうね。

今回のブログでは、自分自身の懐かしの「気づき」をパッと思い出した中で、皆さまと一緒に考えていきたい内容をご紹介させていただきたいと思います。

人生は自分の才能や家庭環境で決まるのか?

以下に紹介するのはアメリカの実話です。

ある双子の物語

【アルコール中毒の父親に育てられた双子の男の子の物語】

アルコール中毒の父親に育てられた2人の男の子がいました。

2人は双子でした。

 

母親は父親の度重なる暴力が原因で家を飛び出して行ってしまいました。

父親は大酒飲みで、かつ、飲んでは暴れるような性格だったのです。

子どもたちはDV(家庭内暴力)を受けながら育っていきました。

 

劣悪な環境の中で育った2人の男の子は、どのように成長をしたのでしょうか。

 

大人になった2人の双子の兄弟に、ある人が別々の場所で、同じ質問をしました。

 

「今のあなたになったのは何が原因だと思いますか?」

 

という質問です。

それに対して2人とも同じ答えを返しました。

 

そんなの決まっているじゃないか!

あの父親に育てられたからですよ!

 

そう、答えたそうです。

 

1人の男性は、

父親と同じようにアルコール中毒になり、一家が離散する状態に陥っていました。

 

もう1人の男性は、

弁護士になり、素晴らしい家庭を築き上げていました。

アルコール依存症専門の弁護士として、多くのDV(家庭内暴力)で悩まれている方々を救っていたのです。

 

※私、masaのはるか前の記憶を元にしているので、事実と若干異なる可能性があります。ただし、物語の「本筋」はこんな感じでした。

 

 2人の決定的な差は何だったのでしょうか?

いかがだったでしょうか。

 

私は最初にこの話を聞いたとき、衝撃的でした。

だから、10数年経ったいまでも記憶の中にあって、皆さまにシェアしたいと思ったくらいです。

 

双子ということは、当然、同じ年に生まれ、同じ環境で育ったということですよね。

スタートラインが同じなのです。

 

きっと2人は、小さい頃に父親の存在に脅えながら、、、

2人で肩を抱き寄せ合って震えながら、育ってきたのでしょう。

その「恐怖」がどれだけこの少年たちの人格形成に影響を与えていったことか。

 

途中で何か、人生の恩師に出会ったりとそういうことがあったのでしょう。

具体的に何があったのかはわからないのですが、この2人には「決定的な差」が生まれていったのです。

 

それは・・・・

 

出来事に対する捉え方(解釈)

 

です!

 

1人の男の子は、この状況・環境を恨んで、憂いて、嘆いていたのでしょう。

それは、当然です!

毎日、父親からの暴力に脅える生活をしていたならば、どんどん心が壊れていき、考え方もネガティブになっていってしまいますよね。

だから、父親と同じようにアルコール中毒になってしまった男性を非難することはできないです。

 

もう1人の男の子だって、この状況・環境を恨んで、憂いて、嘆いていたことでしょう。

 

「こんな状況をも受け入れ許し感謝します!」

 

なんていう人格者の子どもが世の中にいるわけないですからね(笑)

 

ところが、毎日の暴力に耐えて、学校を卒業して家を飛び出して、今までの呪縛から解放されたときに・・・・

 

自分と同じような状況や環境の女性や子どもたちを救いたい!

 

と、神様に誓ったのだと思います。

 

その瞬間に自分の「志」が立ち、自分の人生の「お役目」が決まったのでしょう。

あとは、その「お役目」を生きるために司法試験の勉強をまっしぐらにしたのだと想像します。

 

志を果たすために、どんどん行動していったのです!

 

 それでもあなたは環境や才能のせいにしますか?

 

同じ出来事を経験していた2人ですが、

 

出来事をどのように解釈して

どのように自分の人生に生かしていくか

 

という違いがあったために、大きな違いを生み出していきました。

 

何度もお伝えしますが、大人になって父親のようにアルコール中毒になった男性を非難することはできないです。

ある意味、そうなってしまって当然だと思います。

それが「普通」ですよ。

だって、幼少期に辛く苦しい経験をして「心に傷」を作ってしまっているのですから・・・・

 

そして推測ですが、双子の父親も「同じように」育てられてきたから、心に傷をずっと抱えたまま生きていたのではないでしょうか。

だって愛する妻や我が子に手をあげて幸せなはずがないのですから。

人は不幸になりたくて生きているわけではなく、幸せになるために生きているものですよね。

 

人の苦しみや悲しみはどこかの「世代」で「勇気ある誰か」が断ち切らないと、連鎖していってしまうものなのです。

 

弁護士になった男性は、「心に傷」がつきながらも、

「志」や「人生の生きる意味」を作り上げたことによって、自分で自分の「心の傷」を癒していったのだと思います。

 

2人は同じ父親の元、同じ家庭内暴力を受けて育ちました。

違ったのは「選択」「判断」「解釈」だったのです。

 

このブログを読んでくださっている方も、当然、生きてきた過程の中でいろいろなことがありましたよね?

 

大変なことや「もうダメだ」ということを何とか乗り越えてきたのですよね。

悩みや苦しみの渦中にいて、「もう本当にイヤだ!」という心境になっている人もいるのかもしれませんね。

 

その出来事をすぐに「許してあげてください」なんて言うつもりはありません。

そんな権利、私にはありません。

 

その大変な状況を好きなだけ悲しんだり、嘆いても、もちろんいいんです。

ただとことんまで悲しんだり、嘆いたとしたならば・・・・

そこで終わりにするのではなく、弁護士になった男性のように

 

どうやったらこの出来事をプラスの力に変えていくことができるのか?

 

ということを考えてみることも大切なことだと思うのです。

 

環境や才能のせいにしている限り、そこであなたの成長は止まってしまいます。

そうではなく、その出来事をプラスの力に昇華していって欲しいのです。

 

そして・・・・

 

同じように苦しんたり悲しんでいる人に、手を差し伸べられる人であって欲しい

 

そんなことを願っています。

 

このブログを書くことによって、私も改めて

 

たくさんのご縁ある人がより豊かな人生になって欲しい

 

という志を立てることができました。

 

これからもブログを更新し続けて、皆さまの人生にほんの少しでもプラスの影響を与えていけるようにがんばっていきます^^





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3400人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。



3000名以上の方がご参加いただいています!


クリックしてメルマガの詳細を見てみる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー