カウンセリング

金城幸政さんの本より怪しい臨死体験の話!三途の川を見て変容した男性の嘘のような実話!

日常の当たり前は当たり前ではなく、感謝に溢れています。

とても道徳的に聞こえてしまって、こういう話はイヤな人いるかもしれません。

ただ、金城幸政さんの本の怪しい臨死体験のエピソードに触れてもらえれば、私の言わんとしていることが少しは分かってもらえると思います。

日常の当たり前は、どうして感謝なのでしょうか?

金城幸政(きんじょうゆきまさ)さんとはどんな人?

元美容師。
カウンセラー、講演家。

沖縄を拠点に、中高生から子育て世代の主婦、教育関係者、経営者、スポーツ選手など、世代、性別を超えたあらゆる人に生まれてきた意味、生きていることの素晴らしさを伝える。

「誰も教えてくれなかった、目からウロコの人間のしくみ」を愉快痛快に伝える唯一無二の語り手として、多くのファンを持つ。

人間を複雑にしている「感情」を明快に科学し、感情をロジカルにひもとくことで、様々な難問を解消。

どんな感情にも優しく向き合うことで、人間の本質へとたどり着かせてくれる愛の視点に、心理カウンセラー、セラピスト、スピリチュアルカウンセラーなど、ジャンルを超えた人々がヒントを求めて集まってくる。

かなり異色な経歴ですが、そこがまた魅力的です!

金城幸政さんの本の怪しい臨死体験の話

心臓発作を経験して、人生が180度変容した社長

 

僕はゴルフが好きで、毎週決まった曜日に必ず、ゴルフ練習場に通っています。

自分でいうのもなんですが、シングルプレイヤーで腕はなかなかのもの。

そんな僕に闘志を燃やすのが、縁あってゴルフ仲間になったある社長さん。

彼は僕の隣りにわざわざ席をとって、ガチン、ガチンと飛ばしては「どうだ?」といわんばかりに、ライバル意識全開にして競ってくる人でした。

ある日、彼はニューヨーク出張でタクシーに乗ろうしとしたとき、心臓発作で倒れてしまったそうです。

そこからがミラクルなのですが、なんとそのタクシー運転手は元救命士。

素早く心臓マッサージで蘇生を行い、救命士だからこそ知る心臓の名医がいる病院へ最短距離で彼を運んでくれたのです。

彼は、息を吹き返すまでの間、三途の川を渡りかけていました。

臨死体験をしながら

「もし生き返ることができたら、妻に『ありがとう』から言い直し、子どもダチには『幸せになってくれ』と言いたい」

そんなことを強く思ったそうです。

そして、目覚めたら本当に生きていた。

彼はとにかく妻に会いたい一心で、三ヶ月ほど飛行機に乗ることを医者に止められていたにも関わらず、無理やり医者を説得し、三週間で日本に帰ってきました。

帰国してまもなくのこと、彼はいつものゴルフ練習場にいました。

でも、その表情はまるで別人のよう。

ゴルフをやるわけでもなく、微笑みながら、ただプラプラと歩いていました。

僕は社長と目が合った瞬間、彼が変容していることがわかりました。

「待ってましたよ」というと、彼は「わかるの?」と驚いて、僕にニューヨークでの出来事を話してくれたのです。

彼は日本に帰ってきてすぐ、まず妻に

「今まで支えてくれてありがとう。共にいてくれてありがとう。どんなときもイヤな顔ひとつしないで、家のことをしてくれてありがとう。これまで以上に、僕にいろいろなことを注意してくださいね」

そう、感謝の気持ちを伝えたそうです。

そして子どもた地にも

「君たちが生まれてくれただけで、僕はすべてが幸せなんだ。だから、君たちも幸せになって欲しい」

と、死に際で言おうと思ったことをそのまま言ったそうです。

そして僕にもこんな言葉をくれました。

「いつもゴルフのライバルになってくれてありがとう。僕に関わってくれてありがとう。僕はね、ただの中年太りのおじさんで、今までと見た目は変わらないけど、神様みたいになっちゃったんだ。

生きてるだけでいいんだよ。感謝、感謝。みんなに文句を言われるだけでうれしい。かまってもらえるだけでうれしい。みんなの笑顔、怒った顔、なんでもいいんだよ。ただいてくれるだけで幸せなんだ

僕は言いました。

「社長、もう僕とライバルになることはないですね」

「距離もスコアも金城さんに負けていい。共に金城さんとゴルフの時間が作れればそれが幸せなんだ。今は風を感じたいんだよ。生きてるなって、雨を感じたいんだよ

それまで、神も仏も信じていなかった人が、臨死体験をして何が大事かを悟ったのです。
まさに変容です。

社長さんは、会社に対しても方針をガラリと変えました。

それまでは、遅刻は厳禁、仕事は男の使命、家族のことを職場に持ち込むなというモーレツ仕事人間タイプだったのですが、

この出来事をきっかけに、職場の給与体系を自己申告制に変え、社員全員に自分の仕事量に見合った給与を申告するようにしたそうです。

「自分で自分の人生を幸せに導きなさい」
「家族を第一に仕事をしなさい」
「どんなに不満があっても笑顔で過ごしなさい」

これまで口にしたことのなかった言葉を社員に説いて回り、本当に別人になったそうです。

この社長さんは、心臓発作で死にかけることによって、新しい自分に生まれ変わる経験をしました。

 

人生にとって本当に大切なことを忘れて生きていると、それを取り戻させようと、彼のように死を意識させられる出来事が起こったりするのです。

でも、できれば死にかけるような経験はしたくないですよね。

だったら、シンプルに愛を感じようとすることです。

すると、子どもたちからの愛、パートナーからの愛、親からの愛、職場の人からの何気ない愛。

近所の人が投げかけてくれた小さな愛、電車の中で席をゆずり合う人たちの愛。

なんとたくさんの愛に包まれているかに、気づくことができるでしょう。

痛い思いをすることなく、日常の中で、本当の自分を誕生させることができるのです。

 

出典元:あなたのなかのやんちゃな感情とつきあう法(サンマーク出版・2016年)/ 金城幸政 著/ P.217~P.221を引用

金城幸政さんの本の怪しい臨死体験の話を聞いて!

当たり前の日常生活というものは、実は幸せに包まれています。

・ご飯がちゃんと食べられる
・働ける仕事がある
・自分だけでなく子どもや親が健康である
・温かいお布団で眠ることができる
・インターネット環境がある
(だからこのブログも見れてますよね)
・戦争がない日本という国に生まれた

などなど。

言い出したらキリがないのですが、これらのことって、普段の生活をしていると当たり前になってしまっており、忘れがちな部分ですよね!?

私はよく、忘れてしまっています…

いま、このブログを書くことによって、「当たり前のことがいかに幸せなのか」ということを改めて思い出させてもらっています。

できればこれらのことを、「当たり前だ!」なんて思わないでください。

これらの「当たり前のこと」がいかに幸せなのかを感じられる出来事があります。

それは、自分にとって不運な出来事が起こることです。

例えば、最愛の我が子が病気になって入院をすることになったとします。

それだけで、どうでしょうか?

もう、居ても立っても居られないほど、不安や怖い気持ちが湧いてきますよね。

朝の新聞に「○×商事倒産」という、自分の勤めている会社の見出しが載っていたとしたら・・・・想像してみてください。

「えっ、どうして!?嘘だよね。これ本当だったらどうしよう」と怖くなりませんか?

日本が突然、北朝鮮と戦争をするようなことを首相が言い出したらどうですか。

もう、シャレになりません!!!

これらは例え話なので、真に受けないでもらいたいのですが、伝えたいのはそういうことなんです。

私たちが「当たり前」だと思っていることは実は「当たり前」ではなくて、「とっても有り難くて感謝をしなきゃいけない」ことだったんです。

この感覚を常に持ち続けることって、本当に大事。

(※自分も忘れているときがあるのに、えらそうなことを言うなって感じですが 笑)

金城先生が素晴らしい本著の中で語っているように、当たり前のことが当たり前で亡くなってしまっているときって

それを思い出させるような出来事が起こってしまう

ということがあり得るんです。

絶対に、絶対に、絶対に、そんなことはイヤですよね。

それならば、「当たり前」の出来事を「幸せだ」と感じるように意識しましょう。

せめて、このブログを読んでいる間だけは、「幸せだ」と感じるようにしましょう(笑)

失ってから気づくようでは遅いですから。

私は20代半ばで母親の介護生活をしていたのですが、その経験のおかげで

自分だけでなく、家族みんなが健康でいてくれるってなんて有難いんだ!

と、心の底から感じることができます。

あなたもぜひ、このブログの内容を意識して、生活をしてみてくださいね。

臨死体験をする必要なんてありませんから。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3000人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。


→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー