カウンセリング

渡辺和子さんは父親を目の前で殺された。渡辺和子さんは父親の仇でも許すことが出来るのでしょうか?

人生、生きていれば「許すことができない人」の一人や二人はいますよね。

いろいろな人とうまくコミュニケーション取れていても、なぜだかどうしても

許せない人

嫌いな人

気の合わない人

そんな人がいたりするものです。

そういう人を、果たして許す必要はあるのでしょうか?

それとも自分の成長のために、そういう人でも「愛する」とか「受け入れる」努力をする必要があるのでしょうか?

どうしても「許せない人」に対して、どのように気持ちの整理をしていけばいいのか、渡辺和子さんの名言より考えてみたいと思います。

渡辺和子さんのお父様は和子さんの目の前で殺された

「汝の敵を愛する」ことの意味

 

私は、9歳のときから親の仇(かたき)を持った人間です。

30数名の陸軍の青年将校と兵士が朝の6時前、トラックで家に乗りつけてきました。

父が機転を利かせて、私を座卓の陰に間一髪で隠したのですけれども、将校たちは軽機関銃を据えつけて、私の目の前1メートルのところで父を惨殺して帰りました。

血の海の中で、父は死にました。

その寝室には、父と私しかいませんでした。

 

かくして私は、父の最期を看取った、たった一人の人間になりました。

 

その父を殺した人たちを「憎んでいますか?」とよく聞かれました。

そのたびに私は、「いいえ、あの方たちにはあの方たちの大義名分がおありになったと思いますので、お恨みしておりません」と言っていました。

 

ところが、私が修道院に入って20年も経った頃でしょうか。

あるテレビ局から、2月26日のあたりで「どうしてもテレビに出て欲しい」と頼まれました。

父が死んだのは62歳でしたが、一緒に殺された斎藤實(さいとうまこと)内大臣とか高橋是清(たかはしこれきよ)大蔵大臣はもう70代の方たちで、お子さまは一緒にいらっしゃいませんでした。

私は殺された側の唯一の生き証人だからということで、テレビ局へまいりました。

 

するとなんと、私には何の断りもなく父を殺した側の兵卒が一人、同じくテレビに出演するために呼ばれていたのです。

私は本当にびっくりしました。

 

殺した側と殺された側とで話もなく、テレビ局の方が気を利かせてコーヒーを運ばせてくださって、私は「これ幸い」と思って、コーヒー茶碗を口元まで持ってまいりました。

ところが、どうしてもそのコーヒーを、一滴も飲めなかったのです。

本当に不思議でした。

何でもないコーヒー、それも時間的にも朝の10時半頃のモーニングコーヒーです。

 

そのとき私はつくづく「自分は、本当は心から許していないのかもしれない」ということと、同時に「やっぱり私の中には父の血が流れている」ということを感じ、「敵を愛する」ということの難しさを味わいました。

 

頭では許しても、体が言うことを聞かないということがあります。

今、私がもし聖書の中の「汝の敵を愛せよ」ということを実行するとすれば、せめて相手の方の不幸を願わないことです。

 

今、相手の人は生きていらっしゃるかどうかはわかりませんが、「老後をお幸せにお過ごしになりますように」と祈ることが私にとって精いっぱいの

 

「汝の敵を愛せよ」

 

とおっしゃったイエスさまのみことばを守ることだと思います。

 

人間は弱いものです。

口ではきれいなことを言ってもなかなか体がついていかないことがあります。

それを体験できたということは、恵みだったと思います。

 

「シスター、許したいのですけど許せないのです」と言われると

「そうですか、私にもそういう思いがあるのですよ」

ということが言えるようになりました。

 

言葉で言えても体がついていかないことがあると知り、そんな自分を許すのです。

 

※文中に出てくる渡辺和子さんのお父様は、陸軍教育総監だった渡辺錠太郎(わたなべじょうたろう)さんのことです。

 

出典元:面倒だから、しよう(幻冬舎・2013年)/ 渡辺和子 著/ P.113~P.115を引用

 

渡辺和子さんの本の名言を受けて考える!

渡辺和子さんでも、「敵を愛する」ということは難しいとおっしゃっています。

そうであるならば、普通の人間である私たちが、「許せない人」を許すということはいかに難しいことか・・・

許せない人、嫌いな人を「好きになる」ことなんて、一生かけても不可能なのかもしれませんね。

でも、その人を好きになることはできないとしても、

相手の不幸を願わないこと

だったら、なんとかできるかもしれません。

そして、

そういう人を許せない自分を認めて、そんな自分を許してあげる

ことはきっと出来ることでしょう。

無理に嫌いな人を好きになろうとする必要はありません。

私の大好きな日本一の事業家の斎藤一人さんも同じことを言っています。

どうしても許せない人がいたら…

「その人を許せない自分を許します」という言葉を唱えるといいよ、と。

許すという言葉の語源はゆるませる

私の周りでは、人間関係で苦しまれている方がたくさんいらっしゃいます。

だから、相談をしに来るのですが。

そういう人には少しでも早く苦しみから解放されて欲しいと思っているんです。

嫌いな人、気の合わない人とうまく付き合う必要はありません。

好きになる必要なんてありません。

ただし、

その人の不幸を願わないこと

許せないという気持ちを受け入れて、そんな自分を責めずに許してあげること

それだけでも、自分の心はラクになっていきます。

あんまり自分を苦しめないで、もっと緩く生きていきましょうね!

許すというのは、自分の心を「ゆるませる」というのが語源です。

グルグルに心を常識やルールで縛ることなく、緩ませて解放していきましょう!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3000人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。


→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー