小林正観さん

小林正観さん「過去の後悔で悩み苦しんでいます。どうすればいいでしょうか?」

「あのとき違う選択をしていたら、どうなっていたのだろうか?」

そんなことを考えて「後悔」してしまうことはありませんか?

恋愛や就職、結婚や仕事のことなどなど・・・

私は数え上げたらきりがないほど、後悔ばっかりだし、反省することもたくさんあります。

たまに思い出してはへこむことも多々あります・・・

私と同じように、過去のことで後悔したり悩んでいる人にはこの小林正観さんの記事の内容は多少、役に立つかもしれません。

小林正観さんとはどんな人?正観さんプロフィール

そもそも、小林正観さんのことをまだご存知でない人もいるかもしれません。

正観さんのプロフィールを簡単にご紹介させていただきます。

1948年東京深川生まれ。
心学研究家。コンセプター。作詞家&歌手。
デザイナー(SKPブランドオーナー)。
潜在能力研究家でもあり、学生時代より人間の潜在能力やESP現象・超常現象に興味を持ち、旅行作家のかたわら研究を続ける。
旅の宿では頼まれ事で、宿泊客の「人相手相」をみて人生相談を受けることもあり、正観さんが来るという情報が流れるとたくさんの人が集まり行列ができた。
そうしているうちに友人、知人からの講演依頼が増え、年に300回以上、講演の予約は2年先まで一杯になり、全国各地を回る生活を続けていくことになった。
人に「うれしい・たのしい・しあわせ」と喜ばれる存在になろうと唱え(宗教者ではない)、正観さん自身も日々実践をしていた。
コンセプター(基本概念提案者)としても 「ものづくり」・「人づくり」・「宿づくり」・「町づくり」 などに関わっていた。
2011年10月12日永眠

株式会社SKPのホームページより引用させていただきました。

私は小林正観さんの生前に何度も講演会に参加させていただき、色々と人生について質問させていただきました。心のお師匠様です。


いつも優しくどんな質問にも答えていただき、心から感謝しています!

小林正観さんの本の名言!

 

今日の「私の判断」は、人生で最高峰、最ベテラン、最年長。だから、後悔しなくていい

 

ある男性から、次のような質問をいただいたことがあります。

 

「正観さんのお話をうかがったあと、しばらくの間は持続できるのですが、日数が経つと、つい未熟な行動を取って、後悔します。

いい状態を続けるには、どうしたらいいでしょうか。すぐに後悔してしまう自分を何とかしたいです」

 

結論から言うと、後悔するのは無意味だと思います。

 

神社になぜ石段があるのか、ご存知でしょうか?

石段が「人生」をあらわしているからだそうです。

 

石段を上ることは、人生です。

上りつめて、神様に近づいていきます。

 

でも「まだ未熟ですよ、神様はずっと上にいますよ」ということを示すために、

そして、上ってきた「私」の人生を振り返るために、石段があるようです。

 

神社の石段にならって、「私の人格」について説明します。

 

たとえば、今日、私が立っている石段から「3ヶ月前の私」を見たとき(人生という石段を振り返ったとき)は、かつての自分が未熟に見えるはずです。

 

未熟に見えるのは、「あれから3ヶ月経って、その分だけ自分は成長しているから」です。

 

3ヶ月前の時点では、そのときの「私」は、「自分の人生の中でもっとも高い石段に立っていたはず」です。

ということは、3ヶ月前の自分が下した判断は、その時点では、「最高の判断だった」と言えるのではないでしょうか。

 

3ヶ月前に、誰かに何かを言って、相手を傷つけてしまったとします。

今の自分は「あんなことを言わなければよかった」と後悔しているかもしれません。

 

でもそれは、「今の私」だからそう思えるのであって、3ヶ月前にその言葉を発したときは、まだ後悔していなかったはずなのです。

 

なぜなら、それまでの人生において「もっとも高い石段」に立っていたのですから、「その判断も、その日の行動も、すべて正しかった」と思ったはずなのです。

今、「3ヶ月前の自分は未熟だった」と思うのは、当たり前のことです。

 

なぜなら、今の自分は、当時の自分よりも「3ヶ月分、石段を上っている(成長している)」のですから。

3ヶ月前に、どんな事件や出来事があったとしても、「私が最高峰にいたときに下した判断」なのですから、後悔しても無意味だと、私は思います。

 

今日の私は、未来から見たら、もっとも若い。

過去から見れば、いちばん高いところにいるベテランです。

 

「今日、私が下した判断」は、人生の中で最高峰、最ベテラン、最年長の判断です。

そう考えたら、後悔する必要はないのではないでしょうか。

 

「未熟なことをしてしまった」とクヨクヨするのはかまいませんが、

クヨクヨするエネルギーを「もっと高く石段を上ること」に費やしてみたらどうでしょう。

 

過去を振り返るエネルギーがあるのなら、

未来に向けて自分を向上させるために、一段でも高く石段を上ったほうがいいと思います。

 

「あのとき、あんなことをしてしまった」と思ったとしても、それを受け入れ、肯定して、

 

「しょうがないよね」

 

と言いながら、自分自身と付き合っていけばいいのだと思います。

 

未熟な私を受け入れること。

「ああ、あのときは未熟だったな。不十分だったな」と受け入れるだけでいい。

 

いつまでも過去にとらわれ、後悔や反省をする必要はないのだと思います。

 

出典元:ありがとうの魔法(ダイヤモンド社・2017年)/ 小林正観 著/ P.104~P.107を引用

小林正観さんの本の名言を受けて考えてみた!

過去の後悔って、それこそ誰にだってたくさんありますよね。

穴があったら入りたいと思うことや、辛くて苦しい思い出まで。

私も振り返ってみると、たくさんの人をこれまで傷つけてしまっています。

反省や後悔の連続です。

でも、この小林正観さんの解釈でいうと、「後悔しても仕方ない!」ということです。

やっちまったなぁ~

と思えるということは、今のあなたが、「成長」しているからに他なりません。

だから、その当時を振り返ると「情けないなぁ」と思えるのですもんね!

後悔や反省をするのはとっても大切なことだと思います。

でも、、、

過去にどれだけエネルギーを注いでも、時間が戻ることはありません。

つらい失恋をして、大好きだった恋人を失ってしまっても

恋人が戻ってくることは、ありません。

だから、つらい気持ちを抱えながらでいいので前に進んでいかなくてはいけないのです。

石段を一段一段上っていくように、一歩一歩、毎日を進んでいく!

そうしてしっかりと「今」にエネルギーを注いでいけば、より自分自身を成長させることができるし、より明るい未来が待っています。

失恋で傷ついてしまっている人も、より素敵な彼や彼女ができますから!

過去の思い出に浸ることは私も大好きですし、大切なことですが、そこばっかりにエネルギーを注いだり、後悔ばっかりするのは辞めましょうね。

今にエネルギーを注ぎ、最高の未来にしていきましょう!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうもこんにちは!
サイト管理人の心理カウンセラーmasaです。

私は母親の病気の介護をきっかけとして
自分の人生を見つめざるを得なくなり、
もがき苦しむ中で、心理カウンセラーになりました。

30歳前後まで、私の人生は
どん底、かつ、ボロボロの人生でした…

あるきっかけがあり

自分の「生きる意味」に気づいてからは
ここ10年で2000冊以上の自己啓発書を読み、
現場にて3000人以上の人との対話をさせていただいてます。

自分の苦しかった時期、そしてクライアント様と話していると
「もっと知識があればそんなに苦しまなくてすむのに・・・」
ということを今まで何度も感じてきています。

知識は力です。
無知はコストです。 

考え方や捉え方(解釈)を学ぶことで
人生は結構、簡単に変えていくことができます!

私がこれまで培ってきた知識や経験、知恵を
ご縁ある皆さまに無料メルマガ講座で分かち合えればと思っています。

期間限定「読むだけで心が癒されるPDF特典」
会員制サイトにも特別にご案内しております。

ご縁ある人とより貪欲に幸せになっていければと思っています!



※メルマガは90日間、毎日18時頃に届きます。
ご自身のモチベーションUPにお役立てください。
※「自分に合わない」と思ったらすぐ配信停止にできます。
気楽にお付き合い頂けると私としても有難いです。


→富と自由と豊かさを引き寄せる無料メルマガ講座

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー